2014年11月27日


現在、準備中です。

スタッフ紹介

スタッフ紹介院長・インプラント主任 大木良藏(おおきりょうぞう)

略歴
明海大学歯学部歯学科 卒
明海大学大学院麻酔学専攻 卒
都内歯科医院 勤務
H26.3 医療法人弘堂会 勤務
H28.6 医療法人弘堂会 大堀デンタルクリニック目白 院長就任

資格
日本歯科麻酔学会認定医

専門
一般歯科、口腔外科、インプラント、小児歯科




スタッフ紹介インプラント・口腔外科担当 來山修三(きたやましゅうぞう)

略歴
大阪大学歯学部 卒
キングスカレッジ・ロンドン歯学部バイオマテリアルズ科 留学
東京医科歯科大学大学院 医歯学総合研究科 う蝕制御学分野 修了
香港大学歯学部大学院インプラント科 修了
東京医科歯科大学大学院 う蝕制御学分野 リサーチアシスタント
東京医科歯科大学大学院 グローバルCOE リサーチアシスタント
東京医科歯科大学大学院 う蝕制御学分野 非常勤講師
香港大学 Master of Dental Surgery in Implant Dentistry 取得




スタッフ紹介インプラント・一般歯科担当 上妻渉(こうづまわたる)

略歴
鹿児島大学歯学部歯学科 卒
東京医科歯科大学歯学部付属病院 勤務
東京医科歯科大学インプラント科大学院 在籍




スタッフ紹介歯科矯正担当(成人・小児) 渡 一平(わたりいっぺい)

略歴
東京医科歯科大学 卒業
東京医科歯科大学大学院 咬合機能矯正学分野 卒業
東京医科歯科大学歯学部付属病院 矯正歯科外来 医員

専門
歯科矯正学


患者様にとって、通いやすく居心地のよい医院でありたい

院長あいさつ虫歯治療でも歯周病治療でも、どんな歯科治療においても早期発見・早期治療が健康なお口を守るためには最も大切です。とはいえ、一般の方にとっての歯科医院は「できれば行きたくない場所」というイメージがあると思います。

当院は、患者様がお仕事帰りや外出時などに気軽に通っていただけるように、駅の近くで開業いたしました。リラックスして治療を受けていただけるよう、ホテルのように居心地のよい空間と、スタッフの心のこもった対応を日々心がけています。

今まで歯医者が嫌いだったという方にこそ、ぜひ当院に来ていただければと思います。
 

こんなお悩みはございませんか?

院長あいさつ☑ 歯医者の治療は痛いのでは...
☑ 歯医者で治療しても噛めない...
☑ 歯医者の治療費用が高そう...
☑ 治療は何回くらいかかるのか...
☑ 先生の技術は大丈夫か...
☑ 土日に診療している歯科医院がない...

1つでも当てはまれば、大堀デンタルクリニック目白にお越しください。あなたに満足していただける治療を提供いたします。

院長あいさつ院長あいさつ院長あいさつ

痛くない、怖くない治療を心がけています

院長あいさつ歯科医院に対して「できれば行きたくない場所」というイメージがあるのは「治療は痛いもの」という不安や恐怖感があるからでしょう。

それでも「虫歯の痛みや口腔内の不具合を何とかしてほしい」と思って来院してくださるのですから、私たちはまず、痛みや怖さといった患者様のストレスを可能な限り排除して差し上げなければならないと考えています。

できるだけ歯を削らず、患者様の大切な歯を残す治療を目指しています
虫歯になったらドリルなどで歯を削られて、詰め物をして治療が終了するというイメージを持たれる方も多いかと思いますが、この「ドリルで削ること自体が怖い、不快だ」という方も少なくないのではないでしょうか。

当院ではこういった患者様の負担を少しでも削減し、また生まれ持ったご自身の歯を守るためにもできるだけ歯を削らず、患者様の大切な歯を残せる治療を目指しています。
 

リラックスして治療を受けていただける快適空間と心配りを徹底

院長あいさつ患者様には、快適な空間の中で心地よく治療を受けていただきたいと思っています。この思いから、当院は高級ホテルのようなホスピタリティを大切にし、通っていただきやすい駅近に立地。さらには、患者様一人ひとりのプライバシーを重視した、ゆとりの半個室などにもこだわっています。

また外見や内装だけの美しさだけでなく、スタッフも患者様に敬意を持って接することを心がけています。たとえば、患者様への言葉遣いの美しさ、院内を清潔に保つこと、一度使ったグローブなどはすぐに棄てることなど。ホテルのコンシェルジュのような、患者様第一の心配りを念頭において対応しています。

そのためスタッフ全員が年に1回、プロから表情やあいさつ、言葉遣いなどの指導を受け、常に笑顔であいさつや対応をすることの大切さや心構えなどを学んでいます。また、とてもよいスタッフが集まってくれているので、私が口を出すまでもない...という感もあります。

当院のスタッフは、お子様と接するときは目線を下げてリラックスさせるなど、誰に教えられるでもなく全員が自然に行っていました。また、小さなお子様にはおもちゃやクジを用意して楽しませてあげているのですが、この対応もスタッフ発信で行われたことで、私はあとから知ったほどです。

患者様との信頼関係を大切にしていきます

院長あいさつ医師や歯科医師が親戚にいたこともあり、自然と歯科医師になりました。弟も地元の大分で歯科医院を運営しています。東京に出て、東京で開業したのは、ここでしかできない治療や、ここでしか出会えない人たちがいると思ったからです。

おかげさまで都内にいくつかの歯科医院を作ることができ、それだけ多くの患者様の健康を守るお手伝いができるようになりました。

普段から勤務医の先生に「開業するときには、スタッフをすべて連れていけるくらい信頼関係を築け」と言っているのですが、患者様とも同様に、信頼関係を大切にした治療をこれからも続けていきたいと思います。

院長経歴

医療法人社団弘堂会 理事長 / 大堀デンタルクリニック目白 院長
大堀 恭裕

【経歴】
1995年3月 福岡県立九州歯科大学歯学部 卒業
1997年4月 東京慈恵会医科大学歯科学教室 入局
1998年4月 町田市民病院口腔外科 勤務
2005年6月 大堀デンタルクリニック上池袋 開設
2007年8月 医療法人社団 弘堂会 設立
2007年12月 大堀デンタルクリニック目白 開設
2012年10月 高田馬場駅前デンタルクリニック 開設

予防歯科は虫歯や歯周病から歯を守る治療

予防歯科

予防歯科とは「虫歯や歯周病になったら治療する」という考え方とは異なり、虫歯や歯周病にならないように「お口の健康を維持する」という歯科スタイルのことです。

虫歯の治療は「患部を削る」ことから始まりますので、どんなに治療をしても「元どおりの歯を取り戻す」ことは不可能です。歯周病に関しても、悪化してしまうと完璧に治すことは難しいので、最近では「予防歯科で歯を守る」という考え方が広まってきています。

予防歯科では、歯のクリーニングやPMTCと呼ばれる専門的なクリーニング、歯ぐきのマッサージ、ブラッシング指導などを組み合わせて、患者様一人ひとりのお口の状態に合わせた治療を行っていきます。治療メニューや回数、期間などはお口の状態によって異なりますので、まずはお気軽にご来院ください。

<予防歯科はこんな方にオススメです>
●口臭が気になる方
●歯の汚れを落としたい方
●歯ぐきが後退してきた方

削ったり抜いたりしたくない方こそ予防歯科を受診ください

予防歯科初めから予防歯科で来院する患者様よりも、虫歯や歯周病の治療を受けたあと「二度と虫歯や歯周病になりたくない」という思いで予防歯科に通われる方が多いようです。

歯の健康を一緒に守りましょう
自宅で行う毎日の歯磨きも大切ですが、通常の歯磨きだけでは落とすことのできない汚れもあります。歯石は、専門のスタッフによるクリーニングで定期的に除去する必要があり、そうすることによって、より確実に歯の健康を守ることができるようになります。

虫歯菌や歯周病菌などの細菌は、一度除去しても再び付着してしまう可能性があり、細菌は約90日で増殖します。そのため3か月ごとを目安にメインテナンスを受けていただくのが理想的です。また、定期的な検診を受けていれば、もしも虫歯などになってしまっても、早期発見・早期治療が可能となります。

ご自宅でのお手入れと歯科医院でのケアを計画的に行うことで、最大の効果が発揮できます。一生ご自身の歯で過ごせるよう、力を合わせて歯の健康を守っていきましょう。予防歯科に興味を持っていただけた方は、ぜひ一度お気軽にご相談ください。

歯周病は歯を支えている骨や歯肉の感染症です

歯周病歯周病は、歯周病菌による感染病の一種で、歯を支えている骨や歯肉の病気です。初期には自覚症状がほとんどないため、自分が歯周病に感染していることに気がついていない方も多いのですが、日本人の成人の約8割が感染していると言われます。

クリーニングなどで治療することが可能です
軽度の歯周病の場合は、歯のクリーニングやPMTCと呼ばれる専門的なクリーニングなどの予防歯科メニューで治療することが可能です。ただし重度になると外科的な治療が必要となるケースや、最悪の場合には歯を失ってしまうリスクもありますので、早期発見・早期治療のためにも定期的な検診をお勧めします。

歯周病の進行と治療方法

軽度歯周病歯周病の進行
歯と歯肉の間にプラーク(歯垢)や歯石が溜まって細菌が繁殖。歯肉に炎症が起き、歯肉の腫れや出血が見られる状態です。

【治療方法】
・ブラッシング指導
・1~2回のクリーニングで比較的短期間で回復可能

中等度歯周病歯周病の進行
口臭や出血がひどく、歯石の付着も目立つ状態。徐々に骨が後退し始めて歯周ポケットも深くなり、歯にグラつきが起き始めます。

【治療方法】
・歯周ポケットの奥まで付着した歯石の除去
・痛みを感じるときは麻酔が必要
・場合によっては、歯周外科の適応となる

重度歯周病歯周病の進行
化膿によって歯肉が真っ赤に腫れ上がり、骨の破壊もかなり進行。歯を支えきれず、グラグラと大きく動いてしまう状態です。

【治療方法】
・歯周外科にて対応
・歯の保存が不可能な場合は抜歯

きちんと噛み合う美しい歯並びをつくります

矯正歯科

歯並びが不揃いだったり、上下の歯がお互いにきちんと噛み合わなかったりする状態を、専門的には不正咬合(ふせいこうごう)と言います。矯正歯科とは、そういった歯並びや噛み合わせを整えて、きちんと噛み合うきれいな歯並びにする歯科治療です。

当院の矯正歯科では、矯正装置を用いてゆっくり力をかけて歯を動かし、歯並びと噛み合わせを整えていきます。

不正咬合をそのままにしておくとさまざまな問題を引き起こす原因となりますので、できるだけ早期に治療を開始することをお勧めします。また、歯並びがきれいになると口元に自信が持てるようになり、今までのコンプレックスを解消できることもメリットの1つです。

<不正咬合によって起こりやすくなるトラブル>
●食べ物がよく噛めない
●言葉が明瞭でなくなる
●虫歯や歯周病になりやすい
●口臭の原因になる
●顎の関節に負担をかける
●歯を折ったりケガをしたりしやすい

あなたはどのタイプ?

出っ歯(上顎前突) 出っ歯(上顎前突)
上の前歯が強く前に傾斜していたり、上の歯並び全体が前方に突出したりしているケースです。また、下顎が小さかったり後方に引っ込んでいたりすることで出っ歯に見えることもあります。

この状態は、お口を楽に閉じることができません。お顔の怪我で前歯を折ったり唇を切ったりしやすいというリスクもあります。さらに、下の前歯が上の前歯の歯ぐきの裏側を傷つけてしまうことにも注意が必要です。

受け口(反対咬合) 受け口(反対咬合)
下の前歯が上の前歯より前方に突出している噛み合わせです。上下の前歯の傾きに問題がある場合と、下顎が大きすぎたり小さすぎたりすることが原因の場合があります。

顎の大きさに問題がある場合、顎の骨の成長によって状態が変化しますので、成長の目処が立つまで長く見守っていく必要があります。また、うまく噛めないだけでなく、聞き取りにくい話し方になるケースも多く見られます。

乱ぐい歯・八重歯(叢生) 乱ぐい歯・八重歯(叢生)
歯並びが凸凹の状態を「乱ぐい歯」と言い、上の糸切り歯が歯並びから飛び出している状態を「八重歯」と呼びます。日本では「八重歯がかわいい」と表現されることもありますが、欧米では「ドラキュラの歯」と呼ばれ、敬遠されています。

歯並びが凸凹になってしまう要因は、歯が並ぶスペース(顎の骨の大きさ)と、それぞれの歯の大きさがアンバランスなことです。この状態では、凸凹の影や凹みの奥まで歯ブラシが行き届かないために汚れが残りやすく、虫歯や歯周病の原因にもなるため注意が必要です。

開咬開咬
上下の前歯を閉じても隙間ができてしまう状態のため、前歯で食べ物をうまく噛み切ることができず、また正しい発音ができないというケースを招く症状です。

遺伝的な要素もありますが、子どもの頃の指しゃぶりや舌を突き出す癖、口呼吸などが主な原因です。また最近では、開咬と顎関節症の関連性が注目されています。

矯正治療の期間

矯正治療の期間虫歯の治療などとは異なり、矯正治療はある程度の長い期間を要します。その期間には個人差がありますが、子どもの場合は1~5年、成人の場合は約2年が目安です。

お子様の治療に関しては、顎の成長発育の過程も含めて、噛み合わせを正常な方向に誘導することが矯正治療の真の目的です。それだけに、成長を見守るだけの長い期間が必要です。

すでに骨の成長がストップしている成人の場合は、歯や歯周組織に障害を与えないよう、顎骨の中に存在している歯を徐々に移動させていきます。過度な力や負担を与えずに矯正していくために必要な時間とお考えください。

歯科金属によるアレルギー疾患をご存じですか?

金属アレルギー指輪やネックレスといったアクセサリー、腕時計などが原因で起こることが知られている金属アレルギーですが、虫歯を削ったあとに詰めたり被せたりした歯科金属などによってアレルギー疾患が起こるケースもあります。

「皮膚科でいくら治療しても治らない」という方は、歯科金属が原因かもしれません。当院では、詰め物や被せ物などを撤去・交換する治療を行っていますので、気になる方はお気軽にお問い合わせください。

<こんな方は歯科金属アレルギーかもしれません>
●歯科治療を受けてから、体調がどうも優れない
●治りにくい口内炎や皮膚トラブルがある
●ネックレスや指輪などの金属製品でかぶれやすい
●アクセサリーや時計を身に付けないようにしても金属アレルギーがよくならない

金属アレルギーと歯科金属アレルギー
金属アレルギーは、ピアスなど体に接する金属製品や口腔内の金属がイオン化溶出し、体のタンパクと結合して完全抗原となり、再度同一金属と接触することで発症すると言われています。

金属アレルギー

アクセサリーなどだけでなく歯科金属も原因となることは、世界的に見ると1928年には既に報告されていました。国内においても、その約40年後の1972年に中山秀夫先生によって報告されたのですが、当時は歯科医師の注意を引かなかったようです。

ところが1980年代の初め頃、中山先生から歯科金属によるアレルギー疾患の症例が提示されたことにより、歯科医療において早急に対策を講じる必要性が生じたのです。その後、歯科大学によって組織された全国規模の研究班が金属アレルギーの研究と臨床に取り組むようになり、今日に至っています。

歯の健康とトータルバランスを重視した審美歯科治療

審美歯科

歯の白さや歯並びといった美しさに焦点をあてた歯科医療全体を指す言葉が「審美歯科」です。歯の機能を修復するだけでなく「銀歯が目立って気になる」「きれいな歯で笑顔に自信を持ちたい」というお悩みに応えるために、さまざまな素材や治療方法が登場しています。

とは言っても、口元を美しくするために使用した素材が健康な歯を傷つけてしまったり、噛みやすさが損なわれたりするような処置は治療とは呼べません。当院では「歯本来の機能である噛みやすさ」と「見た目の美しさ」の両方を視野に入れ、患者様のご要望に応えられる治療をご提供します。

<審美歯科はこんな方にオススメです>
●歯を美しくしたい
●白く輝く歯に憧れる
●歯の形が気になる
●銀歯を目立たなくしたい
●短期間で歯並びを整えたい

【当院の審美歯科メニュー】

ハイブリッドインレーハイブリッドインレー
レジン(プラスチックの一種)にセラミックス(陶材)を加えた素材をハイブリッドセラミックスと言い、その素材で作られたインレー(詰め物)がハイブリッドインレーです。

特徴は、白く美しい色合いであることに加え、オールセラミックスに比べて比較的安価な点。さらには、非常にやわらかいので周囲の歯を傷付ける心配がなく、金属不使用なので体に優しく、金属アレルギーの心配もありません。

オールセラミックスオールセラミックス
白く透明感のあるセラミック(陶材)を使用した人工歯。内部にも金属を一切使用しないため体に優しく、アレルギーの心配もありません。さらに光の透過性が高く、天然歯と同じような自然感が得られます。

審美歯科の先進国であるヨーロッパやアメリカでは、治療に使用される素材の約40%がオールセラミックスであり、21世紀はオールセラミックスの時代とも言えます。

ファイバーコアファイバーコア
進行してしまった虫歯を治療する場合、抜歯は免れたとしても、歯の根の内側まで深く削って患部を除去しなければなりません。そうすると土台となる部分が不足してしまうため、そのままでは詰め物や被せ物による治療ができません。

そこで、まずは「歯の土台となる部分(コア)」を作ります。コアの材料として代表的なものが「ファイバーコア」と「金属コア」ですが、当院では次のような特徴から「ファイバーコア」をお勧めしています。

●ファイバーコアの特徴「歯と体に優しい」
金属のコアは、人の歯と比べて硬さが約6倍にもなるため、強い力が加わると歯の方が支えきれずに割れてしまうことがあります。その点、人の歯とほぼ同じ硬さのファイバーコアであれば、歯と一体となって負荷をしなやかに受けとめるので、歯が割れにくくなります。

また、金属コアを使用した場合の金属アレルギー、金属イオンによって歯ぐきが下がったり黒ずんでしまったりする、といった心配もファイバーコアにはありません。

●ファイバーコアの特徴「光の透過性」
人の歯が白く明るく見え、しかも自然な透明感を放っているのは「光をよくとおす」という特徴を持っていることによります。しかし金属は光をまったくとおさないため、金属コアを用いると、歯ぐきと歯の境目が暗く不自然になってしまいます。

その点ファイバーコアは人の歯と同様に光を透過する性質を持っているので、とても自然な仕上がりとなります。

歯を削ることなく、笑顔に自信の持てる口元に

ホワイトニング

歯は、加齢・生活習慣(コーヒー・お茶・赤ワインなどの飲食で沈着する色素やタバコのヤニなど)・遺伝などによって、黄ばんだり汚れたりします。ホワイトニングは、専用のジェルを歯の表面に塗ることにより、歯のエナメル質や象牙質に入り込んだ色素を分解して歯を白くする治療法です。

歯の白さや輝きは、お顔の印象を大きく左右するポイントです。それだけに、ホワイトニングで白い歯を手に入れた方からは「思い切り笑えるようになった」「人とのコミュニケーションが楽しくなった」という声が多く聞かれます。

また、ご自身の結婚式はもちろんのこと、パーティーや結婚式への出席を控えている方のご利用も増えています。あなたもぜひ、ホワイトニングで好印象を与える口元を実現してみませんか?

<ホワイトニングはこんな方にオススメです>
●加齢による歯の黄ばみが気になってきた
●遺伝による歯の黄ばみや歯の変色が気になる
●今よりも、もっと美しく白い歯を手に入れたい
●歯に負担をかけることなく、健康的に白い歯を手に入れたい
●自分の笑顔にもっと自信を持ちたい
●結婚の予定があり挙式を控えている

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングご自身のペースでご自宅でできるホワイトニングが、ホームホワイトニングです。当院で歯型を採って樹脂製のマウスピースをお作りしますので、その後はご自身のペースで進めていくことができます。

就寝前か就寝中に専用のジェルを塗った樹脂製マウスピースを着用していただくことで、約1か月でホワイトニングが終了します。

ホワイトニングの流れ

【STEP1】カウンセリング
どの程度の白さを望まれるかなど、患者様のご希望をお伺いしてから、ホワイトニングについて詳しくご説明します。このとき、お口の中で気になっている点などがありましたらお気軽にご相談ください。

次へ
【STEP2】口腔内の検査
ホワイトニングに影響する虫歯や歯周病などがないかをチェックします。検査の結果、虫歯等の治療を優先する場合もあります。

次へ
【STEP3】クリーニング
ホワイトニングジェルが浸透しやすくなるよう、歯のクリーニングを行います。削ることはしませんのでご安心ください。歯石がある場合や着色が強い場合には、PMTCなどの処置が必要なケースもあります。

次へ
【STEP4】マウスピース装着
1日2時間程度を目安として、患者様自身がご自宅で行います。お渡しするマウスピースにホワイトニングジェルを適量流し込んで装着します。

次へ
【STEP5】メインテナンス、アフターケア
歯質や着色の度合いなどにより、ホワイトニングの効果には個人差があります。ホワイトニング終了までの目安は約1か月ですが、ご自宅でのホームホワイトニングを継続することで、白さが持続します。また、より長く健康な歯を保つためには、当院で定期的なメインテナンスを受けていただくことをお勧めします。

最善・最良の治療を短期間で完了させます

治療時間

当院では、患者様の不安や負担をできる限り軽減し、最善・最良の治療をご提供するよう努めています。中でも治療期間に関しては、チーム連携によって無駄や重複のない治療計画を立て、できるだけ短い期間で完治するように心がけています。

また、治療に入る前には、何回ぐらいで治療が終わるかをきちんとお知らせしています。お勤めの方や家事等で忙しい方にも無理なく通っていただけるように配慮した治療スケジュールを組みますので、お気軽にご相談ください。

じっくりとお話を伺うことからスタートします

診療の流れ

初めて当院をご利用になる方には、治療に入る前にお時間をいただき、まずはお口の中の悩みごとの確認・相談、必要な検査などを行っています。そして、治療内容や処置に用いる材料などについてもご理解いただいた上で治療を始めます。

治療に関しては、虫歯治療などの一般的な歯科治療は担当医が行い、より専門的な歯周病治療、インプラント治療、矯正歯科治療などは、それぞれの専門歯科医師が担当します。また、治療終了後もよい状態を維持・管理していただけるように、定期的なメインテナンスも行っていきます。

※事前に問診票をご準備いただくと、受付がスムーズです。

問診票ダウンロードはこちら

初診から治療完了までの流れ

【STEP1】初診・応急処置
初診の際、痛みや顕著な不具合がある場合には、まず最初に痛み止めなどの応急処置をします。

次へ
【STEP2】検査
必要に応じて、歯周病チェックやレントゲン撮影などの検査を行います。

次へ
【STEP3】診断・カウンセリング
患者様のお話と検査結果を基に「必要な治療内容や期間」「どのような手順で治療を進めるか」といったことをご説明し、全体の治療プランをご提案します。必要に応じて、患者様のご希望や症状に適する複数の治療プランを提案し、治療に用いる材料のご説明や治療費用のご相談なども行いますので、不明点やご要望は遠慮なくお話しください。

次へ
【STEP4】治療
検査・診断の結果を踏まえ、治療方法・期間・費用・使用する材料などにご納得・ご理解をいただきましたら治療開始となります。処置に対する結果を確認しながら治療を進めていきます。

次へ
【STEP5】予後観察・定期検診
治療後は、クリーニングと検診を定期的に受けていただくようにお願いしています。歯科医院との「本当のお付き合い」が始まるのは、治療が終わってからです。歯科医師と患者様とが協力し、口腔内をよい状態に保てるように維持・管理していきましょう。

専門医が、使いやすくて見た目も自然な入れ歯をご提供

入れ歯治療

当院では、入れ歯・インプラント・歯科矯正といった特殊な治療技術が必要な治療では、それぞれの専門医が連携して治療にあたっています。入れ歯治療においても、義歯の専門医であるドクターが患者様のお口の状態やご要望を踏まえて、ご満足いただける治療に取り組んでいます。

<入れ歯治療はこんな方にオススメです>
●しっかり噛める入れ歯がほしい
●見た目の自然さにもこだわりたい
●今の入れ歯には不満がある
●外れにくい入れ歯がほしい

【当院の義歯・入れ歯の特徴】患者様のご希望に寄り添うためのアプローチ法

当院の義歯・入れ歯の特徴当院では、次のようなアプローチにより「痛くなく、しっかり噛める入れ歯」を製作・提供しています。入れ歯でお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください。

しっかり噛めて、食べる満足感を味わえます
失ってしまった歯を補う治療の中で、インプラントが最新医療であることは確かなのですが「できれば手術は避けたい」という患者様も少なくありません。そのため当院では、入れ歯でも十分に噛めて、食べる満足感を味わえる入れ歯治療を行っています。

患者様の気持ちを汲み取ります
よく噛める入れ歯を作るためには、まず患者様の気持ちを汲み取ることが大切です。「普段どういった不具合があるか?」「どんな点で悩んでいるか?」「いつ頃から困っているか?」といったことを、ていねいにしっかりとヒアリングします。

患者様に適した材料をピックアップします
義歯の材料は基本的に昔から変わっておらず、コバルトクロム合金、チタン合金、金合金、そしてプラスチック樹脂でできたレジン系があります。それぞれ長所と短所があるので、どれが最良かということはありません。重要なことは、使用する患者様に適した材料を見極めることなのです。

【当院の入れ歯メニュー】金属を使わない義歯・入れ歯がお勧めです

スマイルデンチャースマイルデンチャー
スマイルデンチャーは、ナイロン樹脂で作られた薄くて弾力性に優れたまったく新しい入れ歯です。「目立たない」「丈夫」「よく噛める」「痛くない」など、入れ歯のデメリットを克服した快適な使用感が特徴です。また、金属未使用なので、金属アレルギーの心配もありません。

●入れ歯のエステ
「入れ歯のエステ」とも言われる金具のないスマイルデンチャーは、初めて入れ歯を入れる方や金属アレルギーの方、欠損している部分の左右の健康な歯を削るのが嫌な方、インプラントにしたいけれど手術が怖い方など、多くの方に人気です。しかも、無味・無臭で安定して食べることができ、違和感のない自然な発声となります。

●目立たず快適な使い心地
金属バネを使った部分入れ歯は残った歯に金具をかけて固定するため、口を開けたときに金具が目立ってしまいます。また入れ歯が合わなくなってくると、この金具が歯(残存歯)に負担をかけてしまいます。

スマイルデンチャーは、このような金具がないことに加えて歯肉に近い色の素材を使っているので、入れ歯が入っているように見えません。また内側にも金具が使われていないのでフィット感や舌感がよく、違和感も少なくなります。しかも隙間が少ないため、入れ歯と歯肉の間に食べ物が入りにくくなります。

<スマイルデンチャーの特徴>
・金属のバネがなく、見た目がよい
・とにかく軽い
・見た目に入れ歯だとわからない
・ピッタリとして装着感がよい

バルプラストバルプラスト
バルプラスト義歯は、金属のバネを使わない部分床義歯です。歯の表面に金属バネがないため、お口の中に入れても入れ歯だと気付かれません。壊れにくく、入れ歯の厚さをかなり薄くできる点も特徴で、装着感がよく、入れ歯を苦手と感じている患者様にも安心してお使いいただけます。

<バルプラストの特徴>
・弾力性の強い材質であるため薄く仕上がり、使い心地が快適
・金属ワイヤーがないので見た目が自然
・金属のバネがないので、金属アレルギーの心配がない

【その他入れ歯メニュー】金属床義歯にもメリットがあります

金属床金属床義歯は、プラスチックの入れ歯に比べて丈夫な素材である金属を使うため、快適で壊れにくい入れ歯です。また、金属だからこそ薄く仕上げることが可能で、装着時の違和感が少なく、熱の伝わりのよさで一層美味しく食事を楽しめる点も特徴です。

<金属床義歯の特徴>
・食べ物の熱い、冷たいが伝わりやすく、食事が美味しい
・金属部分が汚れにくいため、清潔さを保ちやすい
・約2mm以上のレジン床と異なり、薄く細くできるので快適に話せる(約0.1mm)
・丈夫で壊れにくい
・歪まないので残った歯と歯ぐきに優しい
・さまざまな種類の金属があり、金属アレルギーの恐れが少ない(チタンなど)
・症例や患者様の希望に応じた設計が可能

金属が用いられるのは上顎と密着する部分で、当院では「チタン床」と「コバルトクロム床」をご用意しています。総入れ歯のほか、部分入れ歯にも対応しています。

コバルトクロム床
床部分が薄く、熱が伝わりやすい点が特徴です。食べ物の温度を感じ取ることができるので食事の際の違和感が少なく、プラスチックの入れ歯を使用したときより食事を美味しく感じることができます。

チタン床
床の部分がチタンでできており、コバルトクロムの義歯よりさらに薄く、重さも1/6と軽量で適合もぴったりします。コバルトクロムの特徴に加えて生体親和性がよいことから、金属アレルギーを持っている方でも安心して使える義歯です。

金属床義歯をさらに快適にする「スマイルジョイ」

スマイルジョイ安定感に優れた金属床やレジン床の義歯を選択したものの、使用すると痛みが...という方のために開発されたのが「スマイルジョイ」です。レジンや金属の床にクッションとなるシリコンをハイブリッド結合させることによって、シリコン弾性を最大限に生かして吸着維持を追及した、痛くない、外れない、しっかり噛める義歯が実現します。

<スマイルジョイの特徴>
・床部分がシリコンで形成されているため痛くない
・シリコン層とレジン層が特殊技術で一体化されているので、剥がれない
・アンダーカットまで床が伸ばせるため外れにくい
・基礎は金属床義歯なので安定感が得られる

【インターディシプリナリーアプローチ】チーム連携による質の高い治療

チーム連携

当院では、担当医がコーディネーターとして各専門医と連携を取りながら診療を行っています。たとえば、外科手術が必要となるインプラント治療ではインプラント担当医と協力し、入れ歯の製作が必要となる義歯の分野では義歯担当医と協力。噛み合わせや歯並びを治療する矯正歯科治療では、矯正担当医と協力して治療を行います。

「インターディシプリナリー」とは「学際的」という意味で、このように、さまざまな分野の専門医が連携して診療にあたることを「インターディシプリナリーアプローチ」と言います。

幅広い分野の治療を高いレベルで受けられます
複数の領域の専門家が知識を出し合って無駄や重複のない治療計画を立て、各々の専門領域の治療を担当するというアプローチの最大のメリットは、幅広い分野の治療を高いレベルで受けられるという点です。

当院では、専門性の高い歯科医師同士が日々ディスカッションをしながら治療を進め、それぞれの専門分野を活かしたチーム医療により、患者様にご満足いただける治療を行っています。そのため治療期間が短く、精度においても高評価をいただいています。

細分化した専門性が質の高い治療を実現します
当院も、開業当時は少数のスタッフでスタートしました。ですが、勤務医時代にはすでに「自分の得意な分野以外は、その道のプロに任せたほうが患者様のためになるのでは」と考えていました。そのため開業後はまず、矯正治療は東京医科歯科大学の専門医の先生にお願いし、徐々に小児歯科やインプラントといった専門医を集めていき、現在に至ります。

専門性の細分化は、質の高い治療の実現には大変重要なポイントです。それは、衛生士に任せる仕事に関しても同様です。衛生士でも可能な処置や治療もありますが、医師には医師の、そして衛生士には衛生士の専門業務に集中してもらうことにより、より質の高い治療の提供が実現できると考えます。

患者様との距離が近い「小さな大学病院」
チーム医療というシステムは、大学病院では珍しくないかもしれません。ですが当院のように、こうした体制を整えているクリニックは、まだまだ数少ないと思います。

地域に根ざしたクリニックだからこそ、大学病院にはない親密感や親近感も大切にしつつ「小さな大学病院」として、大学病院レベルの高度な治療を提供するということが両立できるのだと考えます。さらには、大学病院に比べて待ち時間が格段に短くて済むことも、患者様にとって大きなメリットではないでしょうか。

【安心の担当医・担当衛生士制】専任スタッフが一貫して担当します

チーム連携当院では、すべての患者様に対して「担当医制度・担当衛生士制度」を導入。担当医・担当衛生士制とは、一人ひとりの患者様に専任の歯科医師・歯科衛生士が付き、カウンセリングから治療終了後のメインテナンスまでを一貫して担当し、患者様を支える制度です。

この制度を導入している理由は、患者様が歯科医院に通う際の不安を少しでも軽減していただきたいという思いからです。治療の技術はもちろんのこと、患者様と歯科医師・スタッフの信頼関係こそが、上質な治療結果につながります。

診察・カウンセリングから、治療、メインテナンスまで一貫して同じ担当医・担当衛生士が対応いたしますので、ぜひ安心してご来院ください。

担当医・担当衛生士は患者様の心強いパートナー
治療においてもメインテナンスにおいても、患者様のことを一番よくわかっているスタッフが診ることで、お口の中の状態を的確に把握できます。これは、正確なアドバイスをさせていただくためにも大切なことです。

そして何より、患者様が「自分のことをよくわかってくれている」と思える担当スタッフが常にそばにいることで、治療のストレスを軽減させられると考えます。

じっくりお話を伺い、説明はていねいに

納得診療

当院では、しっかりとしたカウンセリングとインフォームド・コンセントを徹底しています。来院される方は皆、さまざまな不安を抱えていらっしゃるので、まずは気楽に何でも話していただくことを大切にしています。人は、話をすることで「相手を知り、自分を知ってもらえる」と安心できるのです。

患者様の立場にたった対応やご提案を心がけています

納得診療カウンセリングでは、来院した理由はもちろんのこと、価値観や人生観についてもしっかりヒアリングし、それを治療方法などに反映して、一人ひとりに合ったご提案をさせていただいています。

もしかしたら、治療内容や治療方法に関しては「歯科で学んできたこと」をベースにしてご提案するほうが医療的には正しいのかもしれません。ですが、正しいか間違っているかということよりも、まずは「患者様自身のご希望や価値観」を大切にしたいと思うのです。

たとえば、医学的に最良のご提案をしたとしても、患者様が望んでいないことは正解とは言えないと考えます。当院では「For The Patient(患者様のために)」をモットーとして、患者様のご希望を優先いたします。それ以上にメリットの高い治療法があれば、押し付けや無理な治療にならないように十分考慮したうえで、詳しいご説明やご提案をしていきます。

お仕事帰りや塾帰りにもお越しください

土日診療・平日20時まで診療

当院の立地環境は、近隣にお勤めのビジネスマンやOLの方々が通いやすい点がポイントです。その環境を最大限に活かし、患者様にとってのメリットをさらに高めるため、平日は朝10時から夜20時まで、土日も19時まで診療しています。

お仕事で忙しい方は仕事の帰り時間や休日、お子様の場合は塾や習い事の前後の時間など、個々の生活スタイルに合わせて、通いやすい時間帯にお越しください。

<こんな方でも通いやすいのがメリットです!>
●忙しくて、治療に通う時間がなかなか作れない主婦の方
●平日はお仕事を休めないビジネスマンやOLの方
●仕事が終わってからの帰宅時間を利用して通いたい方
●休日の時間を有効に使いたい方

※なお当院では必ず、ご予約のうえご来院いただくようお願いしています。
 「患者様をお待たせしない診療」を実現するためですので、ご理解とご協力をお願いいたします。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております メールでのお問い合わせ 電車でお越しの方

お問い合わせ